なぜ、ITシステムの導入が失敗するのか?

 

今日は、
「なぜ、ITシステムの導入が失敗するのか?」
についてお話ししたいと思います。
 

 ITシステム導入の失敗事例

 
チームの生産性を向上するために、
業務システム(ITシステム)を入れたけど、
 
  • 従業員はストレスを感じて、負担が増えている
  • すごい高いシステムを入れたけど、早くもやめたい
  • やめたいけど、減価償却がまだまだ先なのでやめられない。。。
 
 
どうして、このような事が起こるのでしょうか?
 
本来は、ITシステムは、業務の効率化を支えるために、導入するものですよね。
 
でも、うまくいかない。
だから、やっぱり手作業の方がいい。
 
こんな風に、ITに諦め感を抱いている人はいないでしょうか
 
 

生産性の向上は、すべての企業にとって重要課題

 
経営環境に目を向けると
 
・高齢化社会
・価格競争の激化
 
自社の人材資源に目を向けると
 
・雇用確保の難易度が上がっている
 
 
このような経営環境に対抗するには、
「今いる人材で、いかに成果を出すか」
が重要になってくるわけです。
 
 
■チームの生産性向上(チームワーク力の向上)に対して、IT導入の意義は?
 
生産性向上に対して、IT導入が、
いつも効果的であるわけではありません。
 
では、どんな時に、どんな業種に対して、
IT導入が効果を発揮しやすいのでしょうか?
 
それは、一言でいうと、
 
従業員が、物理的に離れた状態で、働いている時に、
効果を発揮します。
 
たとえば、
・多店舗展開企業で、本部と、店舗が、物理的に離れている
・同じオフィスだが、営業マンは日中、ほとんど外出している
・他社に派遣で出向居る
 
物理的に離れているから、ITでつなぐ、ことが大切なんです。
 
 
■業務システムの導入において、失敗するケースにはどんなものがあるでしょうか?
 
①「丸投げ開発」
 
 その1つが丸投げ開発です。
 
 中堅・大企業であれば、情報システム部門が社内の窓口となり、
 ITベンダーとともに、開発するケースが多いでしょう。
 
 でも、中小企業の場合、情報システムの専門部隊はありませんから、
 少しITに詳しい方が窓口になり、
 要件(ここも曖昧なケースが多い)を伝えたら、
 あとはITベンダーに丸投げ・・・というケースが多いです。
 
 
■なぜ、「丸投げ開発」は失敗するケースが多いのでしょうか?
 
それは、簡単です。
 
ITベンダーは、ITに関する知識を持っています。
そして、同じ業界の他社事例もたくさん持っています。
 
でも、あなたの会社の事は分かりません。
 
 
・あなたの会社が、何を目指しているいるのか?
・あなたの会社の社員が、何に、不満・不便を感じているのか?
・最も力をいれるべき(投資すべきところ)と、そうでないとことは?
・社員の方々のITリテラシーは?
・御社独自の業務プロセスは?
・御社独自の「言葉づかい」は?
 
これ、全部、分かりません。
 
だから、丸投げ開発は失敗するのです。
 
 
■では、どうしたらいいのでしょうか?
 
それは、「丸投げ開発」ではなく「参加型の開発」をすることです。
 
参加型の開発とは、
・業務のプロである、御社の社員と、
・ITのプロである、ITベンダーが、
一緒になって、開発をすることです。
 
 
 
「いやいや、うちの社員は、ITとか分からないので無理ですよ~」
 
って、声が聞こえてきそうです。
 
 
■IT技術に詳しくない方がいい
 
僕は、参加型のシステム開発に、参加する社員は、
「IT技術に詳しくない方がいい」
と思っています。
 
なぜならば、IT技術に詳しい方だと、
「このクラウドの方がいい」
「このパッケージの方がいい」
「この仕様の方がいい」
 
など、いきなり、「手段」の「各論」の話をしてしまう傾向にあるからです。
 
そうではなくって、
 
・そもそも、このチームは、どこを目指しているのか?
・なぜ、業務システムが必要なのか?
・業務システムで効率化して余った時間を、どんな業務に使いたいのか?
・自分たちが使いやすい業務、仕事の仕方は何なのか?
 
と、「そもそも論」にかえって考え、意見をぶつける必要があるからです。
 
 
だから、いきなり手段の話をしてしまうIT技術に詳しい人よりも、
むしろ、IT技術には詳しくないけれど、
 
業務に詳しい、そして、現場をよりよくしたい、
という熱い現場の方が向いています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 ITベンダー(SIベンダー)に対して、業務システムの構築を丸投げするやり方です。
 
 よくって、情報システム部門

関連記事

  1. ITシステム開発ベンダーの怠慢です!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Martin Dwyer
Application Developer
Rachel Wright
Art Director & Photographer
Heading layer
Andrew Butler
Photographer & Illustrator
Arrow
Arrow
Slider

NEWS

共に考えたいテーマ

どうしたら、チームプレーをもっと効率的にできるのか?

どうしたら、チームプレーをもっと強くできるのか?

どうしたら、チームプレーをもっと面白くできるのか?

タイトル

ビジネスはサッカーだ!「楽しめてるか?」