kintoneでこんなお悩みありませんか?

  • アプリの情報を、いったんメールに転記するのが面倒
  • もっと簡単に更新内容を共有したい

そんなときにおススメなのが
メール送信プラグインです。

プラグインの概要

本プラグインは、ユーザが設定した条件・送信内容をもとに、SendGrid を経由しメールを送信できるプラグインです。また、メール送信結果をログアプリに出力できます。

適用イメージ(メール内容編集画面)

詳細機能

本プラグインでは、下記のような機能を提供します。

  • ユーザが設定した条件、送信内容をもとに、SendGridを経由しメールを送信します
  • フィールド更新の設定が行われた場合、メール送信後にフィールドの更新を行います。
  • メール送信結果をログアプリに出力します。
  • 本文ボディに埋め込んだフィールドコードに、レコード詳細画面へのリンクを張ることができます。
  • 設定したデータをダウンロード・アップロードすることができます。

留意事項

  • 本プラグインの利用には、SendGrid の APIキーが必要です。個別にSendGridのご利用をお願いします。
  • 本文には、以下のフィールドタイプのものを利用できます。
    本文内に利用できるフィールドタイプ
    • レコード番号
    • 文字列(1行)
    • 数値
    • 計算
    • ラジオボタン
    • リンク
    • ドロップダウン
    • 日付
    • 時刻
    • 日時
    • 文字列(複数行)
  • メールアドレスが登録されていないユーザは、「メール作成」機能を利用できません。
  • メール本文に埋め込まれたフィールドコードの値について
    設定画面のメールボディで設定された、[%%] で囲まれたフィールドコードの値が表示されます。

    前提:フィールドコードが「商品名_cd」、値が「テスト商品名」だった場合。
    (「」は含まない)
    設定内容商品名は、[%商品名_cd%]です。
    メール本文商品名は、テスト商品名です。

  • メール送信後に更新されるフィールドは、メール送信リストモーダル画面で選択したレコードです。メール編集モーダル画面のメール本文に記載されていたレコードデータを削除した場合でも更新されますのでご注意ください。
  • SendGridで宛先に指定したメールアドレスがバウンスされると、メール送信が正常に終了しても、実際にはメールが送信されていない状態が発生します。予め、SendGridのホワイトリストに対象のメールアドレスを登録するなどの対応をしてください。

動作環境

  • 本製品のご利用には、サイボウズ社 kintone スタンダードコースのご利用が必要です。
  • 対応ブラウザは、Google Chrome /Mozilla Firefox / Safari です。
    いずれも最新版で動作検証をしています。

価格

  • 本プラグインは、買い切り制なので、一度購入したらずっとご利用可能です。
  • 同じドメインであれば、複数のアプリに設定が可能です。
  • また、バージョンアップにも無償で対応します。
    (プラグインのバージョンアップ作業はお客様自身で対応をお願いします。)
初期費用
300,000円(税別)/ドメイン
月額・年額
0円

お申し込み

お申し込みは下記のフォームよりお願いします。

有償版お申し込み

プラグインの設定方法が分からない場合、
電話やWEB会議を使ってサポートさせていただきます。
お気軽にご連絡ください。

更新情報

更新情報へ