設定方法

事前準備

本プラグインの設定を行う前に、以下をご準備ください。

  • SendGrid の APIキーの取得

ログ出力先アプリの作成

メール送信プラグインを組み込むアプリと同じスペースに、ログ出力用のアプリを作成します。
必要なフィールドは以下の通りです。

フィールド名フィールドIDフィールドタイプ備考
宛先宛先文字列(1行)
CCCC文字列(1行)
送信者(アドレス)送信者(アドレス)リンク送信用アドレスを記録
件名件名文字列(1行)
メール本文メール本文リッチエディター
送信日時送信日時日時
送信結果送信結果ドロップダウン選択肢:
・成功
・失敗
エラー内容(エラーの場合のみ)エラー内容(エラーの場合のみ)文字列(1行)
更新レコード番号更新レコード番号文字列(1行)

メール送信プラグインの設定

メール送信プラグインを組み込むアプリに、プラグインをインストールします。

ログ出力先アプリIDと、取得したSendGrid の APIキーを入力します。

メールテンプレートの文面を作成します。

  • 複数の宛先を設定する場合は、半角セミコロン(;)で区切ってください。
  • 本文ヘッダー・本文ボディ・本文フッターでは、書式設定や、テーブルの作成なども行えます。
  • 本文ボディに埋め込んだフィールドコードに、レコード詳細画面へのリンクを張ることができます。
    (※ただしリンク・文字列(複数行)以外の必須フィールドのみ)
  • フィールド更新設定(任意)も行う場合は、フィールド更新設定を参照してください。

「保存」をクリックしてプラグイン設定画面を保存します。

最後に、アプリ設定画面の「アプリを更新」ボタンでアプリ全体を更新すると完了です。

【任意】フィールド更新設定

メール送信後、自動で特定のフィールドを更新するよう設定できます。

例)送信後、自動で「送信済み」に変更する

更新フィールドの準備

更新対象のフィールドを準備します。
対象フィールドは以下の通りです。

  • ドロップダウン
  • ラジオボタン

「メール送信後にフィールドを更新する」にチェックを入れて、更新フィールドと更新後の選択肢を設定します。

※メール対象リストモーダル画面で選択したレコードを更新します。メール編集モーダル画面で対象のレコードの情報を削除した場合でも、フィールドが更新されますのでご注意ください。

使用方法

設定が完了すると、レコード一覧画面上に「メール作成」ボタンが表示されます。

※表示するレコードが1件もない場合、または、メールアドレスが登録されていないユーザの場合は、「メール作成」ボタンは表示されません。

一覧画面上で、10~20件ほどに対象レコードを絞り込みます。

  • この後の、「メール対象リスト画面」に表示されるレコード・項目は、一覧画面に表示されるものと同じになりますので、レコード件数、項目をある程度絞って一覧を表示後、「メール作成」機能を使用してください。
    (メール送信用の一覧画面を作成しておくと便利です)
  • 一覧の(すべて)が表示されている場合、メール対象リストモーダル画面に表示される項目(フィールド)は、以下のフィールドタイプのみになります。
    • レコード番号
    • 文字列(1行)
    • 数値
    • 計算
    • ラジオボタン
    • ドロップダウン
    • リンク
    • 日付
    • 時刻
    • 日時

メール作成ボタンをクリックすると、メール対象リスト画面が表示されます。

メール送信対象のレコードの「選択」欄にチェックを入れ、「メール編集」ボタンをクリックします。

メール編集画面が表示されます。

メール内容の編集を行います。

  • プラグイン設定画面で設定したメールテンプレートに沿った内容が表示されます。
  • メール本文に埋め込んだフィールドコードは、選択したメール対象レコードの各値に置き換わります。
  • 編集したい場合は、この画面上で自由に編集できます。

編集が完了したら、「メール送信」ボタンをクリックします。

メール完了のアラートが表示されます。

設定後初めてメール送信した場合は、正しくメールが送信されているか、ご確認ください。

  • 「フィールド更新設定」をしている場合は、対象のフィールドも更新されます。
  • ログ出力先アプリには、送信ログが新規レコードとして登録されます。

留意事項

  • 本文には、以下のフィールドタイプのものを利用できます。
    本文内に利用できるフィールドタイプ
    • レコード番号
    • 文字列(1行)
    • 数値
    • 計算
    • ラジオボタン
    • リンク
    • ドロップダウン
    • 日付
    • 時刻
    • 日時
    • 文字列(複数行)
  • 本文ボディに埋め込んだフィールドの中で、レコード詳細画面へのリンクを張ることができるフィールドは、必須入力のフィールドのみです。(但し、リンク、文字列(複数行)フィールドを除く)
  • メール本文に埋め込まれたフィールドコードの値について
    設定画面のメールボディで設定された、[%%] で囲まれたフィールドコードの値が表示されます。

    前提:フィールドコードが「商品名_cd」、値が「テスト商品名」だった場合。
    (「」は含まない)
    設定内容商品名は、[%商品名_cd%]です。
    メール本文商品名は、テスト商品名です。

  • メールアドレスが登録されていないユーザは、「メール作成」機能を利用できません。
  • メール送信後に更新されるフィールドは、メール送信リストモーダル画面で選択したレコードです。メール編集モーダル画面のメール本文に記載されていたレコードデータを削除した場合でも更新されますのでご注意ください。
  • SendGridで宛先に指定したメールアドレスがバウンスされると、メール送信が正常に終了しても、実際にはメールが送信されていない状態が発生します。予め、SendGridのホワイトリストに対象のメールアドレスを登録するなどの対応をしてください。