多品種少量生産×受注生産型の製造業向け
kintone
でできる本格的な工程管理
/生産スケジューラ
初期費用50万円+月額5万円~

GROW工程管理
on kintone

多品種生産なのに短納期を求められる製造現場は厳しい

Excelでの生産計画
は限界
製造の進捗状況
が分かりにくい
工程実績のデータ収集
ができない

生産管理パッケージによって受発注が楽になっても、
製造現場の課題が解決しないと利益はあがりません

GROW工程管理なら製造現場の悩みを解決できます

受注生産型の製造業に
特化した豊富な機能

多品種少量生産×個別受注生産型の製造業が、工程管理を行う上で必要となる豊富な機能を標準実装。

工程設計/ガントチャート/半自動スケジュールなどが実現できます!

kintoneベースだから
拡張性が高い

GROW工程管理は kintone に機能追加できるモジュール型。

既存アプリとの連携も、機能追加も
外部システムとの連携も得意です!

月額5万円~だから
他製品に比べて安価

本格的な生産スケジューラや実績収集システムは、300~500万円以上もする高額製品が多い。

月額5万円~だから、気軽に導入しやすいです!

GROW工程管理は、製造現場の悩みを解決し、より利益がでる生産の仕組み化に貢献します

『GROW工程管理 on kintone』とは

多品種少量生産×受注生産の製造業向け、kintone上で動く工程管理・生産スケジューラ

kintoneをベースにした生産管理モジュール

GROW工程管理なら「多品種少量生産」×「短納期」が求められる製造現場を強力にサポートします!

『GROW工程管理』の提供方法

GROW工程管理は、kintoneアプリ+プログラムをテンプレート化してお届けします

GROW工程管理仕組み
kintone ロゴ

kintone on Cyboze

だからこそ

  • 既存のkintoneに追加導入しやすい
  • kintone標準機能を活用できる
  • 外部サービスとの連携がしやすい

『GROW工程管理』がカバーする範囲

GROW工程管理は、一般的に生産管理パッケージでは対応が弱い部分をカバーしています

GROW工程管理のカバー範囲

kintoneでGROW工程管理の導入メリット

負荷状況を考慮した生産スケジュールを簡単に作成!

導入前

Excelでの生産計画が限界

  • 受注登録や作業指示書とExcelがバラバラで、
    二度手間が多数
  • ベテラン社員による属人的な生産計画
  • 設備や担当者の負荷状況などを考慮した
    計画作成が困難
導入後

負荷状況グラフガントチャート
で簡単作成

  • ガントチャート上から受注管理と連携し、
    作業指示書を発行
  • 生産管理の経験が浅い社員も
    生産スケジュールを作成しやすい
  • 制約リソースを最大活用できるので、
    生産性UP!

現場を混乱させず、無理なく生産計画を変更

導入前

計画変更(リスケ)に対応できない

  • 製造現場の余力が不明なので、
    飛び込み案件に対応できない
  • 特定のベテラン社員しか計画変更に対応できない
  • 計画変更すると、製造現場が混乱してしまう
導入後

自動スケジューリング機能手動調整
で変更

  • 確定計画の空きリソースで、
    飛び込み案件を無理なく計画追加
  • 過去の工程計画を呼び出して再利用できるから、
    早い!

生産スケジュールも進捗状況もリアルタイムで共有

導入前

製造の進捗状況が分からない

  • 納期遅れがたまに発生してしまう
  • 納期に間に合うのか、
    ギリギリにならないと分からない
  • 現場に行って担当者に確認しないと
    進捗状況が分からない
導入後

工程実績収集機能ガントチャート
で共有

  • 工程別の製造実績をリアルタイムに登録
  • ネットがあれば、
    生産スケジュールも工程別の進捗状況も
    いつでもリアルタイムに確認できる

kintoneでGROW工程管理の主要機能

GROW工程管理_画面イメージ

ガントチャート

主要機能1

ガントチャート

  • 多数の製造オーダーを同じ画面で全体把握できる
    製造業に適したガントチャート
  • ドラック&ドロップ操作で計画を変更できる
  • 利用シーンに合わせて選べる5つのスケジュール画面
GROW工程管理_画面イメージ

負荷状況グラフ

主要機能2

余力管理/負荷管理

  • 設備リソースと担当者リソースの
    負荷状況をグラフで見える化
  • ガントチャートと連動しているので
    計画の変更(リスケ)をしやすい
  • 制約リソースの負荷状況に着目し
    スループットの向上ができる
GROW工程管理_画面イメージ_半自動スケジューリング

半自動スケジューリング

主要機能3

半自動スケジューリング

  • 工程順リソース状況を考慮し、
    ガントチャート上に工程イベントを作成
  • 着手日基準納期日基準
    自動スケジューリング実行時に選択可能
  • 過去の工程計画を再利用可能
GROW工程管理_画面イメージ_工程実績登録

工程実績のデータ収集

主要機能4

工程実績のデータ収集

  • ガントチャート上から、工程別の作業実績を登録が可能
  • 1つの工程が複数日に分かれても実績登録ができる
  • 実績登録後、作業状況がリアルタイムにガントチャートに反映される

その他の機能

  • 01

    製造オーダ取込機能

    受注管理アプリなどに保存された製造オーダーを、1クリックで自動で工程管理アプリに取り込みます。

  • 02

    工程計画作成機能

    製造オーダー毎に、工程 / 工程順 / 工数 / 設備 / 担当者を計画できます。

    リピート受注時は、品目名の類似によって、過去の工程計画を再利用可能です。

  • 03

    工程の一括作成機能

    工程計画画面で作成した内容に沿って、工程管理アプリに一括でレコードを作成します。

    一度作成したあとで、あとから一括編集&更新も可能です。

  • 04

    負荷計画・山崩し機能

    ガントチャート上で、各工程の開始日 / 終了日をドラッグ&ドロップ操作で簡単に調整可能です。

    各リソースの稼働率を確認しながら調整できるので、制約リソースを効率的に活用する日程計画へ調整が容易になります。

  • 05

    製造ステータス連動

    製造ステータスに合わせて、計画を編集可能 or 編集不可に制御します。

    製造ステータスとして、「計画中」「計画確定」「仕掛中」「製造完了」を保有します。

  • 06

    作業指示書の作成機能

    製造オーダ毎に作業指示書を作成します。

    工程別のQRコードを表示し、バーコードリーダーでの実績登録を可能とします。

GROW工程管理の拡張性

拡張性が高く、将来的な仕様変更や
機能追加にも柔軟に対応

GROW工程管理仕組み
kintone ロゴ

kintone on Cyboze

基幹システムや外部クラウドと連携できる

GROW工程管理の内部仕様をカスタマイズ

kintone上の別アプリと連携できる

このようにGROW工程管理は拡張性や柔軟性が非常に高い製品仕様なので
小さく導入して育てていくシステム開発に向いています

kintoneでGROW工程管理の導入フローと費用

導入までのフロー

導入相談とオンライン体験で、じっくりと貴社の業務に合うかどうか確認できます

GROW工程管理 ご利用フロー

気軽に導入相談会にご参加くださいね

初期導入費用

基本料金

ユーザ数(※1) 初期導入費用(税抜)
1~30 ¥500,000
31~50 ¥600,000
51~100 ¥700,000
100以上(※2) Contact us

※1)ユーザ数とは、GROW工程管理のスタッフマスタに登録する人数を指します

※2)100ユーザ以上の場合、貴社の要望に合わせて個別見積をさせていただきます

初期導入費用に含まれるもの

  • 貴社環境へのインストール作業
  • 初期設定作業
  • 各種マスタへのデータ投入作業
  • 生産計画担当者への説明会

初期導入費用に含まれないもの

  • kintoneライセンス料
  • kintoneプラグイン費用

継続利用料

基本料金

ユーザ数(※1) 継続利用料(税抜) 一人当たり
1~30 ¥50,000 / month ¥1,666 / month
31~50 ¥75,000 / month ¥1,500 / month
51~100 ¥135,000 / month ¥1,350 / month
100以上(※2) Contact us Contact us

※1)ユーザ数とは、GROW工程管理のスタッフマスタに登録する人数を指します

※2)100ユーザ以上の場合、貴社の要望に合わせて個別見積をさせていただきます

個別相談会へのお申込み

※本サービスに関するご相談やご質問は
以下お問合せ先に個別でご相談ください。
連絡先:contact@adiem.co.jp