設定方法

【ご注意】Ver9.0.0以降から、プラグインを適用しているアプリ内のフィールドを利用する仕様へ変更になりました

そのため、「アプリ・スペース一覧表示プラグイン」を入れたアプリは単独でご利用いただく必要があります。

アプリ内のフィールドを別の用途で利用している場合は、最新版にアップデートする前に
プラグイン一覧を適用するアプリを変更するなど、必要に応じて対応をお願いいたします。
※Ver9.0.0以降のバージョンにアップデートした後は、フィールド情報をプラグイン側で自動更新するため、手動登録したレコードは削除されます。ご注意ください。

プラグインをダウンロードし、通常通りインストールします。

インストールの完了後、プラグインを適用したいアプリにプラグインを追加し、一度アプリの設定画面で「アプリを公開」を実行します。

※一度アプリを公開してから、プラグインの設定を行ってください。

はじめて設定画面を表示すると、以下のメッセージが表示されるので「作成する」ボタンをクリックしてください。

「アプリ一覧表示に必要なフィールドがありません。フィールドを作成しますか?」

その後、アプリの設定に戻り、[アプリを更新] ボタンをクリックして、フィールド設定を更新してください。

アプリ一覧を表示させるための一覧(カスタマイズビュー)を設定します。

作成したアプリの「アプリの設定」>「一覧」を開きます。

「+」(一覧を追加する)をクリックして一覧を作成します。

一覧名
適当な一覧名を入力します。(例. 業務にあわせて部署名や工程名などを入れるなど)

※ポータル画面でアプリ・スペース表示一覧プラグインを適用したアプリを表示したい場合は、ポータル表示用の一覧(カスタマイズビュー)を [portal_app_space_list] という名前で作成してください。

レコード一覧の表示形式
「カスタマイズ」を選びます。

モバイル版でも使用するには「一覧を表示する範囲」で「PC版とモバイル版で表示する」を選びます。

プラグインをバージョンアップした場合

プラグインのバージョンアップを行った場合は、すでに一覧が作成されていますので、それを再利用します。
新バージョンで利用するためには、設定画面で保存処理を行ってください。
※古いバージョンのままでアプリを表示すると、アプリ名、ビュー名、スペース名、アイコンが正しく表示されない場合があります。

作成したら、「保存」をクリックして保存します。

「アプリの設定」画面で「アプリを更新」をクリックします。

一度アプリ全体を更新します。

プラグインの設定をします

アプリ管理画面の「設定」 > 「プラグイン」を開き、「追加したプラグイン」の「設定」(歯車のアイコン)をクリックします。
設定画面に沿って設定します。

スペース情報の更新

表示設定をする前に「スペース情報更新」をクリックして、情報を取得しておきます。
その後、スペースの追加や削除をした場合にもこのボタンで情報更新してください。
※この処理には時間がかかることがあります。

ここで取得した情報は「カテゴリー設定」のスペースの選択に利用できます。

表示サイズを指定します。

5種類のサイズから選択できます。

ポータルの表示設定を行います。

ポータル画面でアプリ・スペース表示一覧プラグインを適用したアプリを表示したい場合は、「ポータル表示を有効にする」を指定してください。

一覧(カスタマイズビュー)を設定画面上に追加します。

先に追加したカスタマイズビューの一覧がプルダウンに表示されますので、選択後、「一覧追加」ボタンをクリックすると、画面下に設定対象の一覧が追加され、タブ表示されます。

※ポータルの表示設定で、「ポータル表示を有効にする」にした場合、ポータル表示用の一覧(カスタマイズビュー) [portal_app_space_list] を追加してください。

  • 一覧(カスタマイズビュー)は、複数追加することができます。
  • 追加した一覧を削除する場合は、タブ名の右側の×ボタンをクリックしてください。
  • 一覧ごとに、複数のカテゴリーを設定することができます。
  • カテゴリーを複数追加した場合、カテゴリー別設定のブロックをドラッグ&ドロップすることで順番を入れ替えることができます。

カテゴリー内に含ませるアプリを追加していきます。

  • カテゴリー内は、アプリ、または、スペース単位で設定を行います。カテゴリー種別のラジオボタンで、どちらの設定を行うか選択してください。
  • 各セレクトボックスをクリックすると、選択肢が表示されます。
  • セレクトボックス内でキーボードから入力した文字でリストを絞り込むことができます。
  • 選択or入力したテキストをクリアしたい場合は、キーボードのBackSpaceキーなどで削除してください。
  • セレクトボックスを選択せずに閉じる場合は、右上の×ボタンをクリックしてください。
  • カテゴリー種別がアプリの場合、「スペース名」/「(アプリ内の)一覧名」は空欄でもOKです。
  • カテゴリー種別がスペースの場合、「アプリ名」/「(アプリ内の)一覧名」は選択できません。

追加したカテゴリー別設定や、カテゴリー別設定内のアプリ・スペースは、ドラッグ&ドロップで順番を入れ替えることができます。

カテゴリー別設定は、グレーのバーをドラッグして移動します。カテゴリー別設定のブロックを最小化して移動すると簡単に移動できます。

アプリ・スペースは、画面上の上下ボタンをドラッグして移動します。

この手順を繰り返し、カテゴリーと属するアプリ・スペースを設定していきます。

設定していないアプリを「その他」のカテゴリーとして表示する場合は、「残りのアプリを「その他」に表示する」のチェックボックスをチェックしてください。

但し、その他のアプリを全て表示するには時間がかかる場合があります。

設定が完了したら、保存ボタンをクリックします。

※この処理には時間がかかることがあります。
※指定されたアプリのアイコン情報をレコードに登録するので、登録されたレコードのデータは変更しないでください。

最後にアプリ設定画面の「アプリを更新」ボタンでアプリ全体を更新します。

カテゴリー分けされた一覧が表示されます。

※一覧の順番はプラグイン設定画面上では変更できません。
順番の変更は、kintone標準の一覧設定画面で行ってください。

留意事項

  • kintoneシステム管理権限があるユーザが設定できます。
    • プラグイン設定画面保存時に対象のカスタマイズビューのHTMLとページネーションの設定をこのプラグイン用に上書きします。
    • 設定保存後、カスタマイズビューのHTMLとページネーションの設定は変更しないでください。
  • 表示したいアプリに同じ名前の一覧が複数ある場合は、エラーとなってしまい表示できなくなるので、
    一覧名が重複しないようにしてください。
  • プラグイン設定保存時にアプリのアップロードされたアイコン情報をレコードに登録します。
  • アプリのレコードデータ、および、フィールドの設定は変更しないでください。
    • プラグイン設定保存時にレコードのデータが一旦削除されます。
  • プラグイン設定時に存在するアプリ情報を保存し、それを表示時に使用します。
    プラグイン設定を行った後、一覧に表示しているアプリ情報の変更があった場合は、再度、設定画面で保存を行ってください。
  • プラグイン設定時に存在するスペース情報を保存し、それを表示時に使用します。
    プラグイン設定を行った後、スペース情報の変更があった場合には、再度、設定画面で「スペース情報更新」ボタンを押して最新のスペース情報を取得し、保存を行ってください。
  • 設定画面の表示/保存後の画面切り替えに時間がかかる場合があります。
  • Firefoxでは、リロードするとアイコンが表示されないことがあります。
  • 新バージョンのプラグインを導入後は、設定画面で一度保存を行ってください。
    保存を行わない場合、アプリ名、ビュー名、スペース名、アイコンが正しく表示されません。
  • ポータル画面にアプリ・スペース一覧を表示したい場合は、[portal_app_space_list] という名前の一覧(カスタマイズビュー)を予め作成しておき、プラグイン設定画面でその一覧に表示するアプリ・スペースを設定してください。
  • ポータル表示に使用するアプリは、必ず「レコード閲覧」権限をつけてください。
  • ポータル表示は、モバイル版は対象外です。