kintoneでこんなお悩みありませんか?

  • kintoneで予実管理を行いたい
  • 予算と実績の比較をグラフで行いたい

そんなときにおススメなのが
予実管理プラグインです。

プラグインの概要

本プラグインは、予算アプリに設定した予算額に対して、実績アプリの実績明細を集計して実績額を比較できるプラグインです。
予算アプリにkintone標準のグラフ機能を使うことで、予算と実績の比較がグラフでも確認できます。

画面イメージ:設定内容に沿って実績データを集計

詳細機能

本プラグインでは、下記のような機能を提供します。

  • 予算アプリ、実績アプリに各々登録したレコードを集計・比較できます。
    • 予実連携ボタンを押すと、指定した期間に該当する実績額を実績アプリから取得し、指定した期間に該当する予算アプリの実績額欄に登録/更新します。
  • レコードの重複チェックが行えます。(重複チェック機能)
    • 重複チェックボタンを押すと、予算アプリ内で登録した予算が、予算管理期間+予算管理項目でレコードが重複していないかをチェックします。
  • 予算管理単位は年度四半期 が選択できます。
    • 年度/四半期を選択した場合は、年度の開始月/四半期の開始月を合わせて登録してください。
  • 予算、実績を管理する管理項目を、1つ以上5つ以下で設定できます。
    • 対応フィールド:ドロップダウン文字列(1行)
    • 予算アプリと実績アプリ各々にフィールドを作成いただき、プラグイン設定画面で紐づけをすることで、管理項目ごとに実績の集計・登録を行います。
  • 実行時エラー情報登録用アプリ(ログアプリ)を設定できます。
  • 設定したデータをダウンロード・アップロードすることができます。

留意事項

  • このプラグインでは、予算アプリ実績アプリログアプリ(実行時にエラーがあった場合にエラー内容を登録します)の3つのアプリが必要です。
    • プラグインは予算アプリにインストールしてください。
    • 実績アプリは、必須フィールドを必ず含んで、ご自身で作成してください。
    • ログアプリは、同時提供のテンプレートから作成してください。
  • 本プラグインでは、予算レコードのユニークキーとして「BudgUniqueKey」というフィールドを自動作成します。このフィールドは、フィールド名や型の変更、重複禁止の変更やアクセス権限の変更など行わないでください。
  • 予算管理単位+予算管理項目を予算レコードのユニークキーとして扱います。予算レコード内で重複エラーとなる場合はログアプリにその主旨を登録しますので、お客様にてレコードの変更を実施してから再実行をお願いします。
  • 予算レコードがない実績レコードもエラーとし、ログアプリにその主旨を登録します。こちらもお客様にてレコードの変更を実施してから再実行をお願いします。

動作環境

  • 本製品のご利用には、サイボウズ社 kintone スタンダードコースのご利用が必要です。
  • 対応ブラウザは、Google Chrome /Mozilla Firefox / Safari です。
    いずれも最新版で動作検証をしています。

価格

  • 本プラグインは、買い切り制なので、一度購入したらずっとご利用可能です。
  • 同じドメインであれば、複数のアプリに設定が可能です。
  • また、バージョンアップにも無料で対応します。
    (プラグインのバージョンアップ作業はお客様自身で対応をお願いします。)
初期費用
270,000円(税別)/ドメイン
月額・年額
0円

お申し込み

お申し込みは下記のフォームよりお願いします。

有料版お申し込み

プラグインの設定方法が分からない場合、
電話やWEB会議を使ってサポートさせていただきます。
お気軽にご連絡ください。

更新情報

更新情報へ