こんなお悩みありませんか?

  • フィールドの表示・非表示を、ユーザやグループ以外の条件で設定したい
  • 選択肢や入力内容によって、表示するフィールドを変更したい

kintone では、フィールドの表示・非表示(アクセス権)を制限できますが、その条件はユーザ情報や組織・グループなどでしか設定できません。
そんなときにおススメなのが
条件分岐フィールド非表示プラグインです。

プラグインの概要

本プラグインは、ユーザが設定した条件に合わせて、ユーザーが指定したフィールドを非表示にするプラグインです。
編集画面上での入力・選択内容によって、動的にフィールドの表示を切り替えることができます。

詳細機能

本プラグインでは、下記のような機能を提供します。

  • ユーザが設定した条件に合わせて、非表示フィールド設定したフィールドの表示・非表示を切り替えます。
  • 条件フィールドについて
    • 条件に設定できるフィールドは以下の通りです。
      • 文字列(1行)
      • ルックアップ
      • 数値
      • チェックボックス
      • ラジオボタン
      • ドロップダウン
      • 複数選択
    • 条件フィールドには1~複数個のフィールドを指定できます。
    • 複数個の条件フィールドが指定された場合、
      「すべての条件を満たす」「いずれかの条件を満たす」を選択できます。(AndOr条件)
  • 表示非表示の対象フィールドについて
    • 対象設定できるフィールドは以下の通りです。
      • ラベル・罫線・スペース・テーブル内フィールド 以外のフィールド
    • 表示非表示対象フィールドには1~複数個のフィールドを指定できます。
    • 条件フィールド群に対して指定した非表示フィールド群を一つの条件セットと定義する時、このプラグインでは複数の条件セットが各々独立して動作します。(※複数の条件セットはORで動作します。)(適用イメージ2)
  • プラグイン設定画面で設定したデータを、ダウンロード・アップロードすることができます(適用イメージ3)。

留意事項

  • 対象画面は、詳細画面新規登録画面印刷画面です。
  • 条件に設定できるのは、プラグインをインストールしたアプリ内のフィールドのみです。
  • 設定後にフィールドタイプを変更した場合には再設定が必要です。
  • モバイル非対応です。

動作環境

  • 本製品のご利用には、サイボウズ社 kintone スタンダードコースのご利用が必要です。
  • 対応ブラウザは、Google Chrome /Mozilla Firefox / Safari です。
    いずれも最新版で動作検証をしています。

価格

  • 本プラグインは買い切り制なので、一度購入したらずっとご利用可能です。
  • 同じドメインであれば、複数のアプリに設定が可能です。
  • また、バージョンアップにも無償で対応します。
    (プラグインのバージョンアップ作業はお客様自身で対応をお願いします。)
初期費用
180,000円(税別)/ドメイン
月額・年額
0円

お申し込み

お申し込みは下記のフォームよりお願いします。

有償版お申し込み

プラグインの設定方法が分からない場合、
電話やWEB会議を使ってサポートさせていただきます。
お気軽にご連絡ください。

更新情報

更新情報へ