kintoneでこんなお悩みありませんか?

  • kintoneからTeamsへ自動で通知を出したい
  • kintoneのステータス変更したあとに、チャットで都度連絡するのが面倒...

そんなときにおススメなのが
Teamsメッセージ送信プラグインです。

プラグインの概要

本プラグインは、ユーザが設定した条件・送信内容をもとに、Teamsにメッセージ送信できるプラグインです。また、送信ログ用アプリを設定すれば、kintoneからTeamsへの送信結果をログとして残せます。

適用イメージ(kintoneからTeamsへのメッセージ送信)

詳細機能

本プラグインでは、下記のような機能を提供します。

  • Incoming Webhookを利用して、指定したステータス・フィールド値になったとき、
    指定したTeamsチャンネルへメッセージ送信できます。
  • 送信するメッセージの内容を、記載ルールに沿って自由に設定できます。
    またkintoneの各フィールドをメッセージに含ませることができます。
    ※記載ルールについては留意事項参照
  • Teamsへの送信ログをアプリに出力することができます。
    ※テンプレートに沿った別アプリが必要です

留意事項

  • 設定画面でフォームやステータスの値を使用しているため、
    プラグインの設定を行う前に、フォームの設定やステータスの設定等を行う必要があります。
  • 編集時は送信条件項目以外の個所を変更しても送信されません。
  • 送信条件について設定できるのは以下の値です。
    • プロセス管理のステータス
    • ドロップダウン
    • ラジオボタン
    • チェックボックス
  • 送信のタイミングは以下の通りです。
    • フィールドの値やステータスの値が、特定の条件を満たすレコードを登録したとき
    • レコードを編集した結果、フィールドの値やステータスの値が特定の条件を満たしたとき
  • 送信内容(メッセージ)の記載ルールについて
    半角の『%』で囲まれたフィールドコードの値が入力されます。記載書式は以下の通りです。

    %フィールドコード%
    例)フィールドコードが「送信日時」の場合: %送信日時%

    【注】サブテーブルのフィールドを指定する場合
    サブテーブル内のフィールドをメッセージ内に指定した場合、すべての行の指定フィールドの値を1行ごとに出力します。
    例)フィールドコード「商品名」「商品型番」「商品数」を含むテーブルがあり、
    メッセージを以下のように設定した場合
    %商品名%(%商品型番%):%商品数% 個
  • 送信ログについて
    • 送信ログを利用する場合は、指定のフィールドを備えたアプリが必要です。
      別途配布するログアプリ用テンプレートをご利用ください。
    • 送信ログに書き込む内容は『送信日時、作成者、送信結果(成功、失敗)、送信内容、送信したレコード番号(該当レコードへのリンク付き)』です。

動作環境

  • 本製品のご利用には、サイボウズ社 kintone スタンダードコースのご利用が必要です。
  • 対応ブラウザは、Google Chrome /Mozilla Firefox / Safari です。
    いずれも最新版で動作検証をしています。

価格

  • 本プラグインは、買い切り制なので、一度購入したらずっとご利用可能です。
  • 同じドメインであれば、複数のアプリに設定が可能です。
  • また、バージョンアップにも無償で対応します。
    (プラグインのバージョンアップ作業はお客様自身で対応をお願いします。)
初期費用
150,000円(税別)/ドメイン
月額・年額
0円

お申し込み

お申し込みは下記のフォームよりお願いします。

有償版お申し込み

プラグインの設定方法が分からない場合、
電話やWEB会議を使ってサポートさせていただきます。
お気軽にご連絡ください。

更新情報

更新情報へ