設定方法

Webhook URL取得

まずメッセージ送信に必要なWebhook URLを取得します。

Teamsのメッセージ送信したいチャネルからメニューをクリックし、「コネクタ」をクリックします。

右エリアの中から「Incoming Webhook」を探し、「構成」(または「追加」)をクリックします。

「チームに追加」をクリックします。

設定したいチャネルを選択し、「コネクタを設定」をクリックします。

コネクタ作成画面が表示されます。

任意の名前を入力、任意の画像をアップロードし、最後に「作成」をクリックします。

Webhook URLが生成されます。

コピーアイコンをクリックし、URLをコピーし、「完了」で画面を閉じます。
※このURLを後ほどプラグイン設定画面上で入力するので、控えておいてください。

プラグイン設定方法

プラグインを適用する前に、事前に利用したいフォーム・プロセス等は作成しておきます。

プラグイン設定画面を開き、ライセンス入力後、送信先にURLを入力します。

先ほどコピーしたWebhook URLをここへ貼り付けてください。

送信条件、送信内容を設定し、最後に「保存」をクリックします。

  • 送信条件はAND/ORを選択できます。
  • 送信内容に関する記述ルールは、後述の「留意事項」も参照してください。

最後にアプリ設定画面の「アプリを更新」ボタンでアプリ全体を更新すると完了です。

指定した条件に沿って、Teamsの指定チャンネルへメッセージが送信されます。

※ログ設定をしたい場合は、手順「3. ログ設定」を参照してください。

ログ設定方法

ログを利用する場合は、指定のフィールドを含むログ用アプリを用意します。

ログアプリを作成したら、プラグイン設定画面を開き「ログ出力先設定」にログ出力先のアプリIDを入力します。

プラグイン設定を保存し、再びアプリ設定画面の「アプリを更新」ボタンでアプリ全体を更新して完了です

留意事項

  • 設定画面でフォームやステータスの値を使用しているため、
    プラグインの設定を行う前に、フォームの設定やステータスの設定等を行う必要があります。
  • 編集時は送信条件項目以外の個所を変更しても送信されません。
  • 送信条件について設定できるのは以下の値です。
    • プロセス管理のステータス
    • ドロップダウン
    • ラジオボタン
    • チェックボックス
  • 送信のタイミングは以下の通りです。
    • フィールドの値やステータスの値が、特定の条件を満たすレコードを登録したとき
    • レコードを編集した結果、フィールドの値やステータスの値が特定の条件を満たしたとき
  • 送信内容(メッセージ)の記載ルールについて
    半角の『%』で囲まれたフィールドコードの値が入力されます。記載書式は以下の通りです。

    %フィールドコード%
    例)フィールドコードが「送信日時」の場合: %送信日時%

    【注】サブテーブルのフィールドを指定する場合
    サブテーブル内のフィールドをメッセージ内に指定した場合、すべての行の指定フィールドの値を1行ごとに出力します。
    例)フィールドコード「商品名」「商品型番」「商品数」を含むテーブルがあり、
    メッセージを以下のように設定した場合
    %商品名%(%商品型番%):%商品数% 個
  • 送信ログについて
    • 送信ログを利用する場合は、指定のフィールドを備えたアプリが必要です。
      別途配布するログアプリ用テンプレートをご利用ください。
    • 送信ログに書き込む内容は『送信日時、作成者、送信結果(成功、失敗)、送信内容、送信したレコード番号(該当レコードへのリンク付き)』です。